« 人間の心理学的理解 | トップページ | 国家試験! »

2010年1月12日 (火)

人間の心理学的理解~2

●情緒

・情緒の3つの側面

1ー環境・刺激への反応、自己の表現としての人間との関わりを進める側面

a)子どもの情緒は概ね5才台で大人と同様の文化発達を遂げる

b)生後間もない乳幼児と母親の間には、すでに、互いの感情を肌で感じあう非言語的なやり取りが成立

2ー行動を起こし、認識を深める動因としての側面

a)ホメオスタシスの働きにより、行動する

b)自ら新しい刺激を求め行動する動因の働き

3-興味や意欲という価値を持続・増減していく側面

・情緒の下位概念

1-感情:感覚認知などの心的活動に伴い、快・不快を基調とする意識体験

2-情動:一過性で急に生起する強い感情。喜び、怒り

3-気分:弱くてあいまいだが持続性がある感情

4-情操:社会・文化の影響下で形成され、社会的価値をもつ対象に向けられる感情

|

« 人間の心理学的理解 | トップページ | 国家試験! »

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1198083/32961291

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の心理学的理解~2:

« 人間の心理学的理解 | トップページ | 国家試験! »